セントラルパークは憩いの場 アメリカ

セントラルパークは、ニューヨーク市の真ん中にあり、市民の憩いの場になっています。この公園は、造られた公園です。もともとは、岩がいっぱいあったところに土をいれ、木を植えて造られたそうです。日本の道路くらいの幅のランニングコースと自転車が走るコースが整備されていて、早朝からランニングをしている人で賑わっています。いろんな国の人たちが、年齢も80歳くらいのおじいさん、おばあさんも、肌を出して気持ちよさそうにランニングしているます。自転車のコースも同じように、たくさんの人たちでにぎわっています。週末になると、公園では、ギターを弾いたり、バイオリン、サックスを弾いて楽しんでいる人や、絵を描いている人など思い思いの楽しみ方をしています。芝生のある大きな広場では、家族連れや、グループでサッカーをしたり、バレーボールをしたり、バーベキューをしたり、それぞれの楽しみ方で、休日を過ごしています。明るくて、陽気なニューヨークを象徴する公園だと思います。

(Visited 4 times, 1 visits today)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする