キジ島 ロシア

キジー島はロシア連邦の北西部・カレリア共和国のオネガ湖に浮かぶ長さ7km、幅500mの小さな島です。この島の特徴は、何と言ってもロシア全土から集められた16世紀の木造教会群です。22個のドームを持つプレオブラジェンスカヤ教会をはじめとする一連の木造建築物は、目を見張るほど繊細な造りであるにもかかわらず、釘の一本すら使用されておらず、当時の職人の技術の高さをうかがい知ることができます。また、島全体が博物館をなしており、教会だけでなく個人の住居や風車、バーニャ(ロシア式サウナ)といった古い建築物が移築されており、昔の人びとがどんな暮らしをしていたかを垣間見ることができます。キジー島へ行くにはペトロザヴォーツクという町から定期高速艇を利用するのが一般的ですが、冬季は湖が凍結するため運休になります。なかなか行きづらい場所ではありますが、それだけの価値はある場所だと思います。

(Visited 13 times, 1 visits today)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする