スマートフォンに格安SIMを挿さない理由

格安SIMがこれだけ取り上げられているのに、なぜDocomo、au、Softbankなどの主要なキャリアの契約を続けているのでしょう。

電話もインターネットも確実に安くなるのに、なんでなんだろうと不思議に思います。

1ヶ月5,000円は安くなるのに、それでも使い続けているのは、不思議でした。

・電話が確実につながらないとだめだから。
・iPhoneの最新のものを使いたいから。
・設定が難しそうだから。

いろんな理由を考えてみたのですが、強力な理由が見つかりません。そういう人もいるなくらいな理由です。

ある時、年配の男性と話す機会がありました。格安SIMの良いところをわかりやすく丁寧に教えてあげました。かなり興味をもって聞いてくれたので、格安SIMに替えるのかと思ったらこんなことを言っていました。

「格安SIMにするとメールアドレスが使えなくなるの?」

私が、今はGmailなどもあるので、特別 docomo.ne.jp のメールアドレスを使わなくても送信できますよ。という話をしても、ここだけは同じメールアドレスを使いたいという事で、格安SIMには替えないという話になりました。

・友達にメールアドレスの変更を伝えるのが面倒。
・docomo.ne.jpのメールアドレスでないと相手が受信できないから。

などなど、どうしても今のメールアドレスを使いたいというのが理由でした。

格安SIMを使わない人は、メールアドレスをそのまま使いたいからという理由が結構上位にあるように思います。確かにキャリアのメールアドレスでないと届かないという事が良くあります。セキュリティ設定でゴミ箱へいってしまうようです。

これが理由で格安SIMにしないのは、どうなんでしょう。1ヶ月5,000円の価値と比べてみてください。1年で6万円の違いです。

う~ん、この辺で何とか解決策が見つかると格安SIMはもっと広がってくることでしょう。

(Visited 33 times, 1 visits today)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »