スイスで最も古い町、クール

スイスには有名観光地がたくさんありますが、静かなところが好きな観光客にはにぎやか過ぎるのではないでしょうか。もっと静かで落ち着いたところがいいという方に紹介したいのが、クール(Chur)という小さな町です。チューリッヒ空港から電車なら中央駅での乗り換えてインターシティ(特急)で約2時間で着きます。

クールはグラウビュンデン州の州都で、その歴史は古く古代ローマ時代までさかのぼります。城壁に囲まれた旧市街はおしゃれなショップが並び、石畳の道で巡ることができます。ゆっくり町並みを散策した後は小さなプラッツ(広場)のカフェでゆっくり。

山手へ足をはこぶと、12世紀に建てられたクール大聖堂があります。大聖堂の横の坂を上ると眺望が開け、ライン川が流れる谷をバックに旧市街を眺められます。

クールはベルニナ急行や氷河特急などの発着駅であり鉄道のたびを楽しむにもうってつけです。また周辺には「アルプスの少女ハイジ」の村、マインフェルトやサンモリッツやアローザなどのマウンテンリゾートがあり、クールをベースにグリーンシーズンはハイキングやトレッキングをウィンターシーズンはスキーを楽しめます。

(Visited 180 times, 1 visits today)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »