コスタリカ 新種のカエル

中米のコスタリカは熱帯雨林や火山という自然に恵まれた土地で、日本では見られないような変わったカエルが発見されたと最近話題になりました。話題となった新種のカエルは、世界的人気キャラクターにそっくりで、とても美しい緑色をしています。また、お腹が半透明なので、その姿から「グラスフロッグ」と名前がつきました。生態に不明な点が多く、今まで見つからなかったそうです。コスタリカ東部の山林は両生類にとっては理想的な環境で、日本ではみたこともないような鮮やかなカエルが見れるのではないかと期待しています。過去にスペイン領であったり移民も多いので、食文化は多彩です。主食が米とのことなので、現地の食事にも不安がありません。

(Visited 14 times, 1 visits today)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »