ガウディを肌で感じることができる!コロニアグエル教会

スペインといえば建築家ガウディ。彼が作って今まだ完成していないサグラダファミリアはあまりに有名ですが、他にもスペインには彼のすばらしい作品があちこちにあります。その中でもバルセロナから電車で1本、サンタ・コロマ・ダ・サルバリョ市にある「コロニアグエル教会」がおすすめです。こちらも世界遺産に登録されています。しかし少し行きにくい場所だからかさほど観光客が多くありません。

コロニアグエル教会はサグラダファミリアのような圧倒的な大きさや存在感こそありませんが、観光客が少ない分、彼の作品とゆっくり対峙できます。とても贅沢な時間を味わえること間違いありません。そして作品の規模は関係なく、彼の天才ぶりを肌で感じることができるはず。地下聖堂である教会には彼らしい放物線型のステンドグラスから時間ごとに充分な光が差し込み、教会内部を浮かび上がらせています。完成している地下聖堂と違って、教会上部が未完成なのも不思議な感覚に陥ります。サグラダファミリアが彼の死後も多くの人の手によって完成に向かっているのとは逆で、こちらの教会はそのままの時間で立ち止まったかのようです。ガウディ以外の手が入っていない分、彼の作品を堪能できる場所といえるでしょう。

(Visited 124 times, 2 visits today)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »