ロベン島 南アフリカ

南アフリカは、アフリカ最大の経済大国であると同時に、広大な自然と複数の人種から構成されている国です。そのため、七色の国民とも呼ばれております。国が大きいこともあり、日本では体感できない経験をすることができます。例えば、ロベン島です。ロベン島はユネスコの世界遺産にも登録されております。ロベン島はアフリカペンギンが生息しており、自然を肌で感じ取れる場所でもあります。また南アフリカはイギリスの植民地であったこともあり、スポーツ、特にサッカー、ラグビー、野球が盛んな国でもあります。特にラグビーには力を入れており、フランス大会ではイングランドに勝つなどしております。また、料理にしてもイギリスの植民地であったことから、ワインなどにあった料理なども普通にあり、ある意味アフリカでありながらヨーロッパを味わえる国でもあります。つまり、南アフリカに行くことでアフリカを堪能しつつ、ヨーロッパの国も味わえるといった特典があるのです。

(Visited 67 times, 1 visits today)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »