ジンバブエのヴィクトリア滝

ジンバブエ共和国は、アフリカ大陸の南部に位置していて日本と同じぐらいの面積を誇ります。人々は、トウモロコシの粉を煮詰めたモノを主食として頂く人種になります。そんなジンバブエは、アフリカの観光場所として希望する人は多いようです。世界遺産もあり、ヴィクトリアの滝は、世界三大瀑布の1つとして一度は見てみたい絶景になります。ジンバブエとザンビアの国境に位置している巨大なスケールの滝です。ユネスコの世界遺産にも指定されているため世界各国から多くの観光客がひっきりなしに訪れています。滝へのアクセスはジンバブエ側からでもザンビア側からでもアプローチでき、空港からはおよそ20分ほどという非常に便利な場所にあるので旅行者が訪れやすいというのも魅力でしょう。大手のツアー会社がヴィクトリア滝へのグループツアーを催行しているので治安の面でも安心して旅行することができます。滝の周辺も熱帯雨林が広がり、まさにアフリカを彷彿とさせるジャングル地帯が延々と続くため、そのスケールに誰もが言葉を失うほどの感動を覚えるといわれています。日本からも直行便は無いものの、香港やヨーロッパからの乗り継ぎで比較的楽にアクセスできます。

(Visited 85 times, 1 visits today)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »