ポーランドにある「ねじれた家」

「ねじれた家」はポーランドの北部のソポトという街にあります。写真だけみると画像加工やだまし絵やフォトショのように見えるかもしれませんが、本当にこういう佇まいをしており現地では4階建て30のテナントが入るショッピングモールとして活用されています。まるでおとぎ話に登場するかのようなデザインの「ねじれた家」、この「ねじれた家」はポーランド出身のイラストレーターである「ヤン・マルチン シャンツェル」の作品にインスピレーションを受けて作られたもだと言われています。

(Visited 180 times, 1 visits today)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »