アント二・ガウディの作品群 #casabatllo

スペインにあるガウディの作品群は新婚旅行、または恋人と訪れるのにおすすめです。最も有名な「サグラダ・ファミリア」は建築物とは思えないくらい有機的な形をしています。中に入ると高い天井と美しいステンドグラスが見られます。エレベーターで上まで登った後、一人分しか幅のない螺旋状の階段で下まで降りるのもおすすめです。螺旋階段なので一息つけるところがありません。何の表記もないので自分がどこまで降りてきたのかが分かる術もありませんのでグルグルと降り続けることになります。螺旋の真ん中から覗き込むと果てしなく螺旋が続いていて気が遠くなります。2026年に完成の予定ですので「完成したらまた来ようね」という約束ができるのもここの特徴でしょう。

入場チケットは事前に予約しておくことをおすすめします。入場チケットは5種類。オーディオガイドのついたものやガウディ博物館の入場券付きのもの、聖堂入場のみのもの、鐘塔と呼ばれる頂上までエレベーターで登れるチケット付きのものなどがあります。塔からの風景が息を呑むほど美しいので、個人的には塔への入場チケット付きのものをおすすめします。

もう一つおすすめは「カサ・バトリョ」です。あまりの可愛さにシャッターを押す手が止まりません。ガラスモザイクがキラキラと輝いて海の底の建物のようです。すべて曲線からできた建物なのでものすごい技術が使われています。

Antoni Gaudí, architect

(Visited 71 times, 1 visits today)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »