ビクトリア国立美術館 オーストラリア

無料で貴重なコレクションを楽しめる美術館

オーストラリアのメルボルンにあるビクトリア国立美術館は1861年にオープンしたオーストラリアで最古となる美術館となります。ビクトリア美術館はビクトリア州の芸術指定地区の中でもシンボル的な存在であり、建物自体も天井が世界最大級のステンドグラスとなっていて観光客が仰向けになって鑑賞する事が出来るようになっている等の工夫が凝らされて面白いです。

そして、収蔵品に関してもヨーロッパやアジア、オセアニア、アメリカといった世界中の貴重な美術品が展示されていて、ヨーロッパの有名な美術館と比べても質で劣るといった事は無いです。

また、この美術館の特徴としては常設展が無料で開放されているという点で、それでも収蔵品の数が多く、見て回るのに1日は掛かります。

ビクトリア国立美術館の最寄り駅はフリンダースストリート駅となっていて、駅から徒歩5分位の場所に位置しています。館内にはカジュアルなカフェや中庭には休憩スペースもあるので、家族連れでノンビリと館内を散策するのも良いと思います。

(Visited 38 times, 1 visits today)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »