【言語】デンマーク語


北欧で使われている言語は、歴史上、そして国の成り立ちから解る通り、いわゆるゲルマン語派のノルド諸語から枝分かれしたものが多いのが事実で北ゲルマン語群の東ノルド語に属し、デンマーク語はこれに該当します。

デンマーク語が使われているのはデンマーク本土はもとより、デンマーク王国を形成する自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島でも公用語として使われています。

またかつてシュレースヴィヒ公国がドイツとデンマークに跨がって存在していた既知の事実があるとおり、ドイツの一部でも少数民族語として保護され、公用語として扱われ、統計ではドイツの最北端でデンマークと隣接するシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州で約5万人が使用。

それ以外では30万人の小国アイスランドでは第一外国語として英語と並んでデンマーク語を小学校から教育を受けているため、公用語ではありませんが、アイスランド国民はトライリンガルが可能です。

また隣接するスウェーデンでもデンマーク語を理解する人が多いのが事実。 これは古くはヴァイキング、北海帝国、カルマル同盟とこの地域では支配者的地位に属していたことが理由とされ、スウェーデン南部、特にスコーネ地方は、1600年代までデンマーク王国領だった背景があり、デンマーク語に近い方言が話されています。

スペイン語とポルトガル語の関係に似ており、お互いの言語である程度の意志疎通が可能なのが特徴です。

デンマーク語を習いましょう

(Visited 3 times, 1 visits today)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »