南太平洋の宝石箱という名にふさわしいニューカレドニアの美しい島「イル・デ・パン島」

イル・デ・パンは南太平洋の島で、純白の砂と青い海のラグーンが続き、絵葉書のような美しい浜辺があります。水は限りなく澄んで青く、浅瀬に立つと魚も寄ってきます。強い太陽の日差しの下、周囲の木立の緑色と真っ青な空とのコントラストがとても鮮やかで、生涯記憶に残る、とても美しい絶景を見ることができます。

イル・デ・パンは天国に一番近い島として有名な「ニューカレドニア」の都市「ヌメア」から、南東約100kmに位置する小さな離島で、ヌメアから飛行機やフェリーに乗って行きます。

イル・デ・パンには、宿泊できるホテルもありますが、お勧めなのはヌメアに宿泊し、日帰りのオプショナルツアーで訪れる方法です。朝ホテルにピックアップに来てもらった後、現地に向かい、到着後は自由行動となりますので、写真を撮ったり、周囲を散策したり、浅瀬で魚を触ったり、シュノーケリングを楽しむ事ができます。日帰りツアーの多くは、昼食や飲物・軽食が付いていますので、その点も心配ありません。

ロマンチックで美しい景色が堪能できるので、やはり恋人同士やご夫婦で行くのがお勧めです。新婚旅行にもピッタリで、きっとお2人共通の、忘れられない素敵な記憶が刻まれると思います。

(Visited 9 times, 1 visits today)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする