【言語】コサ語

南アフリカ共和国の11の公用語の一つであるコサ語は、舌打ちのように舌を弾いて音を出すクリック音があることが特徴です。「コサ語(Xhosa)」という言葉自体にもクリック音(X)が含まれるため正確な発音は日本語では表記できません。

クリック音はc、x、qの3種類あります。cは舌打ちをするように舌を上前歯に当てて音を出します。xは舌を横の歯に当てて音を出します。qは舌を上あごにつけて弾いて音を出します。

また、高低の声調を用いる言語でもあります。母音は5種類の音の長短を区別するため10あります。

コサ語の話者はおよそ2000万人です。約800万人がネイティブで、約1100万人が第二言語としてコサ語を話します。コサ語の話者は主に南アフリカ共和国のイースト・ケープ州に分布しています(ケープタウンのあるウェスト・ケープ州の東に位置する州です)。

コサ語はズンダ諸語に属しています。ズンダ諸語には他にズールー語、ンデベレ語、北ウデベレ語が含まれます。ちなみに、ズールー語も南アフリカ共和国の11の公用語の一つです。

コサ語は反アパルトヘイト運動によりノーベル平和賞を受賞したネルソン・マンデラ南アフリカ元大統領の母語でもあります。

(Visited 37 times, 1 visits today)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »